2010年06月16日

iPad

iPadってさー (使えないよね
という声を良く聞く。

冷静になって考えると
解るような気がする。というのも・・・
iPadの機能はユーザーインターフェースを実現するためにメイッパイなのだから。昨日のガイアのような内容というのは、評判のあるうちのはなしなのかもしれない。

あえてUIマシンといわせてもらうが、珍しいUIにマシンの資源の大半をつかっているために、生産性までを考慮にいれられなかったのだよね。つまりPCのように、文書を作る、イラストを作る、おおよそ創るためのマシンじゃないのだよね。

どこかの誰かが、NECのPC-9801依頼のものつくりの楽しみができるマシンだ。・・・・
というのがあるのだが、これって言うのはObjective-Cでプログラミングを楽しむ余裕のあるもんの話なのだよね。

PCに今まで無いUIが付いたことに話題がおきて、そこに期待した、一般の消費者はPCのように使えないんじゃないか?・・・
と気づき始めたのかもしれない。

ガイアで取り上げていた、電子書籍があるじゃんよ。という向きもあろうが・・・

でもね、日本の技術をなめたらいかんぜよ。そんなことは20年も前からやっているのよ。でもね当時は失敗した。なので世の中の話題から完全に消えたのね。

どおして今回は成功したかといえば、アマゾンの力が大きいのよね。つまり出版のインフラをしっかり構築してそれからやって成功しているわけよ。キンドルのはなし。AppleのiPhoneだって、ITMSが成功しているからのものだしさ。

それにPC上でFlashの技術で表示するデジタルブックはすでに何年も前から成功しているんだよ。日本でね。

今回UIの奇妙さと、電子書籍の話題をまいて、実は、クラウドっていうサービスが出現してくるのを待っているような気がする。

iPadで、電子書籍の半組みができるんならすんごいが。実はできない。電子書籍に自分も参加しようと思えば、PCが必要なんだ。

タッチだけで、ワードを使うとか、イラストやフォトショップを使わなければならないとしたら・・・・
ダメだこりゃじゃないか?

え? 文書入力はできるって? あーブラウザとかメール、ツイッターね。それマシンでというより、そういうサービスのサーバーへの入力なんだよ。
クラウドとは少々違うが、基本はおんなじだ。

つまり、ネットに繋がらないと何にもできないのがこの手のマシンなんだよな。

あれだけ話題になって、並んで、ん百万台も売れたんだから、ものつくりしたい人は・・・・
たぶん中古市場をそのうちにぎわすと、思うとります。
iPhoneだって中古にでまわっているんだし。
まだまだ日本のガラパゴス携帯は国内じゃ無敵なんだよ。

posted by aloha1 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のなにか

2010年06月13日

NECのLifeTouchってさ

日本の花形PCだった、PC-9801カラーなんだよな。
この時期に出すなら、iPadにデザインで勝らないと思うのはおいらだけだろうかね。

Androidの搭載は正しいと思うよ。そうすることで、Flashのリッチコンテンツが動く、組み込める。のだからさ。
薄さはさすがに薄いね。まあ、30%とはいえiPadも日本製の部品を使わないと実現できなかったはずだからね。薄くて当然。

タッチの技術は、国内では、ワコムやらいくらでも進んでいるからね。任天堂のDSでさえタッチだど。

それにしても、技術はあるんです、アイデアが出なかったんです・・・ではねぇ。
posted by aloha1 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のなにか

2010年06月12日

iPadがほすい

iPadがほすいとか

iPhone,iPad
のアプリやりましょうーよ。という若い人の誘いが多い日々。

でもなー、というところです。というのも、これらは確かにすばらしいと思うのですが、でもなーがあるんす。

いや、これらのApple Seedsを欲しい人は、この記事を無視してください。欲しい気持ちはなにものにも変えがたいでそ。
なので、即刻買いにいきなさい。笑

さ・て・と・・・
私はね、これらの家電は新しいのではなくて、アイデアとして今なかったものがジョブスの夢とともに出てきたんだとおもうのです。
ある意味わがまま。それを出すんだから、動作としては完璧を期したのでしょう。インターフェースの完成度は確かに高い。
それを支える技術の70%は日本なんだけどね。日本ではアイデアがでなかっただけですね。


で、すごいのは、このPAD ネットとコンピューターの使い方の新しい局面を示したのです。だってジョブスが今でもこれを欲しかったんだし。彼がまだ若くて(私もね)、Macが飛ぶ鳥を落としそうな頃(事実当時、ビルゲイツをコテンパンにしたからWindowsに覇権を取られた)ダイナブックという考えが出てきて、ダイナブックの未来像が、このiPadに似ていたのですよ。そのころの技術者は皆この夢にあこがれた。

ダイナブックの概念は、いろいろなものを生んだのです。
たとえば、ノートパソコン。東芝のノートにダイナブックがあるのは案外この影響かもしれませんねぇ。いまでもPADには東芝さんは真っ先に製品をだしているでしょう?今度ドコモからもでますね。

他には、プログラミングの分野にオブジェクト指向を確固たるものにしました。SmallTalk80はこの産物です。
これからゼロックスのSTARが生まれ、それを見たジョブスがMacを作ったのですからオブジェクト指向は成功してますね。そういえば
この頃にジョブスはObjective-Cを開発言語にしたんだと思いますよ。今、iPhoneで一躍有名になった言語ですが、私から見ると回帰だと思います。

このダイナブックの概念は、その構想を練ったアラン・ケイ博士とともに、今子供向けの環境としてよみがえっていますー>Squeak。
詳しくは


続きを読む
posted by aloha1 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルネタ

2010年06月08日

PDA続々

アイパッドが出てから、後続の気配がない。
というのは大きな間違いで、

ASUSとMSIのボードメーカーから愛ついで、発売されるようだ。
CPUは、Androidが乗りやすいARMベースのものだが、まずは
WINDOWS7で出てきそうな気配だ。
その次にAndroud化クロームOSで出てくるのだろう。

Windows7だとおそらく組み込みにライセンス料が莫大だろうから、オープンになっている、Androud系とFlashプレイヤーで一気に来るはずだ。
続きを読む
posted by aloha1 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のなにか

2010年06月06日

組み込み向けのASとFlash講座

を、はじめようと計画しています。

FLashを、フレームアニメーションの道具と見るのは、いまや
古い視線です。

Google アンドロイド携帯でも、公式にサポートが宣言されましたが、すでに、PDA向けのFlashプレーヤが無償で手に入るようになっています。

これから、モバイルのリッチコンテンツの組み込みUIの需要は一気に伸びていくでしょう。日本の携帯でも今や、待ちうけの開発はFlashですし。
iPhoneでつぶされた形の、Flashのネイティブコンテンツのパブリッシュは、アンドロイド向けになると思われます。たぶん次期。

ActionScriptはECMA仕様ですが、アンドロイド向けのバージョン、すなわちFlashLight4は、ほぼJava仕様です。
故に、Javaをベースにするアンドロイドとは親和性が良いでしょう。
スクリプトというよりも、オブジェクト指向開発の可能なコンパイラとして考えたほうがよいのです。

ですが、システム開発で鍛えられたエンジニアでもなかなかモノにできません。
これは、もともとクリエイタが使いよい環境から発展しているのでビジュアルな見方も要求されるからです。

これからますます需要の高くなるActionSCriptによるUI開発手法、OOPを学ぶにもいいと思います。

計画を練ってどこのサイトで公開していくか、またアナウンスします。



Padがわんさか

iPadの出現で、戦線恐々としているのは
出版の世界です。
なにせ、このデジタルブックが成功すればするほど、
本が売れなくなるのですから。
エコブームの後押しもあって、世界的に紙のセーブに
動くでしょうしね。

10年前にデジタルブックに進むチャンスがあったのに
見向きもしなかった業界です。

それが今黒潮になって日本にも押し寄せてきたわけです。
アマゾンなどが推し進めるデジタルブックも、印税70%
という作家にとっては魅力なオプションもありますし、
コンテンツ不足をカバーするように、プロでなくても、
参加できる可能性も大きいのです。

ええ、そうです。なりたくても慣れなかった漫画家や、
クリエイタに誰もがチャンスが広がってきたのですから
この波を止めることはあ不可能かもしれません。

たぶん、この次に出る。ASUSという台湾のメーカーの
EeePADが鍵でしょう。
Googleが推進する、Androidを搭載した、
iPadとほぼ互角の機器です。

続きを読む
posted by aloha1 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のなにか