2010年04月08日

オブジェクトはポインターか?

って、その前にポインターって何?

だよね。
ポインターってのは犬の種類・・・・じゃなくて(コノバアイ・・・)。
住所のことなんざんす。

って、あにゃたのすんでいる住所じゃなくて、コンピューターのメモリのどこかのことです。

どこかって、何処?になるでそ?
だからメモリにも住所は必要なんざんすよ。
その住所:アドレスのことを、ポインターと言うのですワン。
あのメモリに10を格納してって言うよりも。
100番地のメモリへのほうがいいでそ。

実は我々、人ってのはポインター管理に慣れているんす。


本当?って

本当です。

住所がその良い例ですが、そういう仕組みではなくて、合理的
に考えてのことす。


例えば、あなたは、本が好きでも、本屋さんや図書館ほど本をもっていないし・・・
というよりも、あなたは、図書館が近くにあるしとか思うわけです。

つまり、図書館をあなたの家に作るよりも、図書館の場所というポインターの情報を共有するほうがよほどスマートで、かっちょいい方法なのですよねぇ。
エコだし、とか言わないで。笑

そう、そのものズバリを複製してたくさん作るよりも、1つだけにして、それがどこにあるかって情報を共有するだけで、エコなんざんす。笑

人って昔からポインター(アドレス)を使っていたんすね。



あーオブジェクトは面倒になったので、また次回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36953765

この記事へのトラックバック