2010年06月12日

iPadがほすい

iPadがほすいとか

iPhone,iPad
のアプリやりましょうーよ。という若い人の誘いが多い日々。

でもなー、というところです。というのも、これらは確かにすばらしいと思うのですが、でもなーがあるんす。

いや、これらのApple Seedsを欲しい人は、この記事を無視してください。欲しい気持ちはなにものにも変えがたいでそ。
なので、即刻買いにいきなさい。笑

さ・て・と・・・
私はね、これらの家電は新しいのではなくて、アイデアとして今なかったものがジョブスの夢とともに出てきたんだとおもうのです。
ある意味わがまま。それを出すんだから、動作としては完璧を期したのでしょう。インターフェースの完成度は確かに高い。
それを支える技術の70%は日本なんだけどね。日本ではアイデアがでなかっただけですね。


で、すごいのは、このPAD ネットとコンピューターの使い方の新しい局面を示したのです。だってジョブスが今でもこれを欲しかったんだし。彼がまだ若くて(私もね)、Macが飛ぶ鳥を落としそうな頃(事実当時、ビルゲイツをコテンパンにしたからWindowsに覇権を取られた)ダイナブックという考えが出てきて、ダイナブックの未来像が、このiPadに似ていたのですよ。そのころの技術者は皆この夢にあこがれた。

ダイナブックの概念は、いろいろなものを生んだのです。
たとえば、ノートパソコン。東芝のノートにダイナブックがあるのは案外この影響かもしれませんねぇ。いまでもPADには東芝さんは真っ先に製品をだしているでしょう?今度ドコモからもでますね。

他には、プログラミングの分野にオブジェクト指向を確固たるものにしました。SmallTalk80はこの産物です。
これからゼロックスのSTARが生まれ、それを見たジョブスがMacを作ったのですからオブジェクト指向は成功してますね。そういえば
この頃にジョブスはObjective-Cを開発言語にしたんだと思いますよ。今、iPhoneで一躍有名になった言語ですが、私から見ると回帰だと思います。

このダイナブックの概念は、その構想を練ったアラン・ケイ博士とともに、今子供向けの環境としてよみがえっていますー>Squeak。
詳しくは



さてここまでで、ジョブスのiPadってのは、ダイナブックのあるべき姿というのもまんざらでもと思ったでしょう?

でもね、もともとの概念があって、それがノートパソコンに進化したように、必ずしもそのまま出せばいいとは思えませんね。

それが出た世界がどうなるかまでは、そのものが責任を負えません。

たぶん、PCやノートPCを使う人にとっては、置き換えるほどのものにならないでしょう。それはなぜかというと。

ビジネスやプログラミングもそうですが、ローカルなコンピュート環境だからです。わざわざクラウド的なサービスを受けないと生産できないのではどうしようもないのです。

考えても見てください。
本の作家が、あのタッチインターフェースがないと創作できないのならそれは創作しないほうがましになるでしょう。
たぶん、作家もそうですが作曲家も漫画家もペンと紙があればできるのです。

ペンはペンであって、高度になるひつようなどこれっぽっちも無い。羽ペンでもGペンでも鉛筆でもいいのです。
見とれてしまうような使い勝手はいりません。

なので、創作にPCを使うのはいいとして、タッチ家電に置き換える必要は無いということです。事実そういう意見はずいぶん見られます。

ただ今までPCの操作が難しくて、これからのクラウドサービスをどう享受しましょうかという人たち、そうです、老人とか子供とかには意味があるのかもしれませんね。

ここから解るのは、タッチ系の家電は生産性はそれ自体にないのです。すでに作られたものを見る・聞くためのユーザーインターフェースとして存在するのでしょう。だから買ったはいいけど使えないという意見も出るのです。

こうやって考えてみると、ノートパソコンってのは、生産性を失わなっていないので、もしかするとダイナブックの概念としては正しい進化なのかもしれませんね。

PAD家電をあなたの生産に使おうというあなた、もしかしたらモバイルノートのほうがいいかもしれませんよ。

posted by aloha1 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38891543

この記事へのトラックバック