2010年10月01日

第 11号:

皆さま、どうおすごしでしょうか。これから秋になり学習にはもってこいの季節ですね。
北海道の札幌は、もう暖房をいれないと寒いという状況になります。

講座の更新内容も、4章の4項まで進んでいます。お試しで受講される方のために、1章
の無料公開の中に、各章からビデオ講座を抜粋して盛り込んでもいますのでお試し中の
皆様におかれましては、あわせてご覧くださいませ。

さて、いよいよアクションスクリプトと最終的には、Flashの組み込みに対する
基本知識などと思っていますが。C言語のプログラミングとは違って、どうすれば、
よりよく理解してもらえるかに悩む日々です。
よくある無料講座のように、ASのサンプルを並べてもそれを見ても使えるようになり
ません。
私がまだ、学習中だった頃はそうでした。
システム系の開発も出来ていたので、スクリプトくらいと思ってはじめたのですが・・・
全く簡単などと思った自分を恥じています。
で、なにが難しいのかといえば、ビジュアルであるからなおさら難しいのです。
システム系のプログラマは、所詮見えない世界をプログラミングするのになれています。
Flashのように、表示物の操作を前提にするというのは難しいのです。

かえって、Webクリエイターの方がスクリプトを学習するほうが数倍はやくマスター
できるでしょう。見せるということになれているからです。

ただ、今のアクションスクリプト、とくに3.0はJava相当のコンパイル言語です。
なので習得がとても難しいのです。かえってJavaそのもののほうが、便利になって
いる分だけいいかもしれません。

iPhoneの公式言語である、Objective−Cも理解しやすい言語ですが、
Flashで記述するほうが簡単だったりします。またより複雑な動作の表現も可能に
なるなど強力ゆえに、難しくなってきています。

ゲームさえもFlashで作ります。
今はFlashのUIをモバイル機器の制御インターフェースとして組み込む需要が
とても多くありますので、Flashクリエイターの最終的に目指すところになると
思われます。

普通にかっこよく、ボタンやプルダウンメニューをFlashで作っても、それは
モバイル機器にもっていけません。
なので、それようの技術も必要なのです。

さて、このFlashマスター講座を受講されて、組み込みエンジニアさんが誕生しはじ
めるのを楽しみに、悩み多き4章を構築していきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41037436

この記事へのトラックバック

暖房つながりで失礼します。暖かいお部屋でアイスが最高!
Excerpt: 寒い日に暖かいお部屋で冷たいお酒やシャーベットっておいしすぎ!そんな、おいしいを更にアップさせる方法は専門店にお任せください。
Weblog: 手作りアイス、氷、シャーベットなら専門店へ。
Tracked: 2010-10-01 21:01