2010年06月12日

iPadがほすい

iPadがほすいとか

iPhone,iPad
のアプリやりましょうーよ。という若い人の誘いが多い日々。

でもなー、というところです。というのも、これらは確かにすばらしいと思うのですが、でもなーがあるんす。

いや、これらのApple Seedsを欲しい人は、この記事を無視してください。欲しい気持ちはなにものにも変えがたいでそ。
なので、即刻買いにいきなさい。笑

さ・て・と・・・
私はね、これらの家電は新しいのではなくて、アイデアとして今なかったものがジョブスの夢とともに出てきたんだとおもうのです。
ある意味わがまま。それを出すんだから、動作としては完璧を期したのでしょう。インターフェースの完成度は確かに高い。
それを支える技術の70%は日本なんだけどね。日本ではアイデアがでなかっただけですね。


で、すごいのは、このPAD ネットとコンピューターの使い方の新しい局面を示したのです。だってジョブスが今でもこれを欲しかったんだし。彼がまだ若くて(私もね)、Macが飛ぶ鳥を落としそうな頃(事実当時、ビルゲイツをコテンパンにしたからWindowsに覇権を取られた)ダイナブックという考えが出てきて、ダイナブックの未来像が、このiPadに似ていたのですよ。そのころの技術者は皆この夢にあこがれた。

ダイナブックの概念は、いろいろなものを生んだのです。
たとえば、ノートパソコン。東芝のノートにダイナブックがあるのは案外この影響かもしれませんねぇ。いまでもPADには東芝さんは真っ先に製品をだしているでしょう?今度ドコモからもでますね。

他には、プログラミングの分野にオブジェクト指向を確固たるものにしました。SmallTalk80はこの産物です。
これからゼロックスのSTARが生まれ、それを見たジョブスがMacを作ったのですからオブジェクト指向は成功してますね。そういえば
この頃にジョブスはObjective-Cを開発言語にしたんだと思いますよ。今、iPhoneで一躍有名になった言語ですが、私から見ると回帰だと思います。

このダイナブックの概念は、その構想を練ったアラン・ケイ博士とともに、今子供向けの環境としてよみがえっていますー>Squeak。
詳しくは


続きを読む
posted by aloha1 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルネタ

2010年06月08日

PDA続々

アイパッドが出てから、後続の気配がない。
というのは大きな間違いで、

ASUSとMSIのボードメーカーから愛ついで、発売されるようだ。
CPUは、Androidが乗りやすいARMベースのものだが、まずは
WINDOWS7で出てきそうな気配だ。
その次にAndroud化クロームOSで出てくるのだろう。

Windows7だとおそらく組み込みにライセンス料が莫大だろうから、オープンになっている、Androud系とFlashプレイヤーで一気に来るはずだ。
続きを読む
posted by aloha1 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のなにか

2010年06月06日

組み込み向けのASとFlash講座

を、はじめようと計画しています。

FLashを、フレームアニメーションの道具と見るのは、いまや
古い視線です。

Google アンドロイド携帯でも、公式にサポートが宣言されましたが、すでに、PDA向けのFlashプレーヤが無償で手に入るようになっています。

これから、モバイルのリッチコンテンツの組み込みUIの需要は一気に伸びていくでしょう。日本の携帯でも今や、待ちうけの開発はFlashですし。
iPhoneでつぶされた形の、Flashのネイティブコンテンツのパブリッシュは、アンドロイド向けになると思われます。たぶん次期。

ActionScriptはECMA仕様ですが、アンドロイド向けのバージョン、すなわちFlashLight4は、ほぼJava仕様です。
故に、Javaをベースにするアンドロイドとは親和性が良いでしょう。
スクリプトというよりも、オブジェクト指向開発の可能なコンパイラとして考えたほうがよいのです。

ですが、システム開発で鍛えられたエンジニアでもなかなかモノにできません。
これは、もともとクリエイタが使いよい環境から発展しているのでビジュアルな見方も要求されるからです。

これからますます需要の高くなるActionSCriptによるUI開発手法、OOPを学ぶにもいいと思います。

計画を練ってどこのサイトで公開していくか、またアナウンスします。



Padがわんさか

iPadの出現で、戦線恐々としているのは
出版の世界です。
なにせ、このデジタルブックが成功すればするほど、
本が売れなくなるのですから。
エコブームの後押しもあって、世界的に紙のセーブに
動くでしょうしね。

10年前にデジタルブックに進むチャンスがあったのに
見向きもしなかった業界です。

それが今黒潮になって日本にも押し寄せてきたわけです。
アマゾンなどが推し進めるデジタルブックも、印税70%
という作家にとっては魅力なオプションもありますし、
コンテンツ不足をカバーするように、プロでなくても、
参加できる可能性も大きいのです。

ええ、そうです。なりたくても慣れなかった漫画家や、
クリエイタに誰もがチャンスが広がってきたのですから
この波を止めることはあ不可能かもしれません。

たぶん、この次に出る。ASUSという台湾のメーカーの
EeePADが鍵でしょう。
Googleが推進する、Androidを搭載した、
iPadとほぼ互角の機器です。

続きを読む
posted by aloha1 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のなにか

2010年05月30日

iPadどうしたものか

iPadを並んでまで手に入れて(たぶん普通にほしい人よりも少し早く)最初はタッチUIが楽しいものの、いつまでもそれで遊んでいるわけにもゆかず、ビデオや電子書籍もまだまだだから、いかんともしがたくて、もてあましてしまったガジェットフリークさんが国内でも続出中なんだとか。

まあこれは仕方が無いよな。とアップルを批判しても仕方が無いのだと思うとります。

というのも、iPadなどのタッチ系(今のところアップル優勢)のガジェットというのは、PCとは違って生産性が無いマシンというか、UIの機能を提供しているに過ぎないからですな。

続きを読む

2010年05月29日

iPadが発売

ニュースにまでなるんだから、まんまとスティーブジョブスの
策にはまった感のあるiPad騒動です。

Flashが乗らなかったり、販売路を徹底的に絞って悪評の立った
アップルですが、私はね、案外好意的に見ていたりします。

これによって、日本の印刷やら出版界がだめになるなんてのは
すこしうがった見方です。

確かに、10年前に失敗したデジタルブックのリスタートになるのは確かですが、iPad・iPhoneだけでそうなると思うのは、かなりあさはかというか、なんというか。。デス。

出版界云々の前に、モバイル集金機に見えて仕方がないのは、私だけでしょうかね。いえ、個人的な意見なので、賛同されない方はそれでいいのです。

世界的にみれば、ITの分野にはガジェット好きが多いものです。
新しいものをみたら我慢できないというね。

ガジェットフリークというのが出現したのは、腕時計型のデーター収集機などの出現したころでした、今では高価なゴミですが。

あのころと違って、今のガジェットは、それ自体で何かするとかではなく(特に集金)、ネットのサービスとあいまって、いつの間にかお金を消費させられるようにできていますよね。
大体、3Gの通信料を固定契約しないと大して使い道がない。
まあ、WiFiの自宅スポットでもあれば何とか使えますが。

本を読めるというのも、結局は気軽にお代を払わされる仕組み。
数千円には躊躇しても、ん百円には安いわーと納得して払わされる。みたいな。


ほほえましい光景を見ました。

彼氏が彼女に、並んで手に入れたぜーとのたまっていましたが、
少し彼女が考えた跡で、こういいました。
この「○○お宅」
それって限定販売なん?
「ちがうよ」「並んでやっと買ったんだからほめてもいいでそ」
「馬鹿じゃない」「限定硬貨のほうが価値あるわ」
「どうせ、もう少ししたら普通に買えるんでしょ」

はい、座布団5枚!彼女の勝ち。笑

2010年05月27日

サッポロ大通り大学

復活しました。
講座関係はこちらでやります。
できる限り無料講座です。

ただ、今回運営費を稼ぐことも必要とわかったので
(一時閉鎖の原因から)
有料のものも今後考えるかもしれません。
あ、でも本1冊程度の予定ですが。

広報サイト

そういえば、最近、サッポロ大通り大学が休止している
間に、シブヤ大学系の札幌オオドオリ大学というのが
できたようです。
実際に人に出会うことが第一と言う方はいいかもね。

posted by aloha1 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるサイト

2010年05月08日

V2コンポーネント

V2コンポーネントは、Flash8相当、AS2.0のパブリッシュで普通に利用できるコンポーネントだし、むっちゃ簡単に作れるのでおすすめなんだが・・・

クラスへのリンケージが必要。
このクラスは、As2.0でオブジェクト指向でこのコンポーネント=実はムービークリップをコントロールするスクリプトだ。

で、SWCを作成するには、MCのシンボルを右クリックしてコンポーネントの定義で、クラスファイルをリンケージするのだが、このとき忘れがちなのが、シンボルのクラスリンケージ。

さらに実は、このMCシンボルのリンケージの方がSWCの定義でリンケージされているクラスよりも優先されることを忘れてはならない。
逆に言うと、コンポーネントの定義でリンケージしていなくても、シンボルのほうのクラスリンケージがしっかりしていれば、問題がなかったりする。しかし、まったく別なクラスを1つのシンボルにリンケージするのは、論理に反するので、優先しているのだろうと思われる。

この変でへんだなーと思われる、思い当たるふしがある方は確認してみると良いかもしれない。

とくに、あるコンポーネントのコピーでべつなものを作るなんてのがよくあると思われるが、そんなとき、エラーがでなくて変だなー
なんてのがよくある。

2010年05月03日

勝手にルール

ここに来られた方へ

ここはFlashとActionScriptに関しての様々な話題や講座めいたことを勝手に書いているブログどす。

この前まで、よってたかってというブログ名でしたが、少しお叱りというか、なんじゃーという声に負けて、少しまともに、ほぼ毎日にした次第です。

コメントやらTBやら自由ですが、エロものや、誹謗中傷の類はまったく無視していますので、訪問された方も、そのたぐいのものは無視してくださいまし。
不定期に一気消ししています。続きを読む
posted by aloha1 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のなにか

憎しAppleだって?

ああ、FlashPlayerを乗せようとしないから?
iPhoneやiPadに?

でもそれは、ちょい言い過ぎだと、あたすは思う次第なのです。

たとえMSとくらべてもAppleはオープンスタンスなのですよ。
昔から。
いい証拠に、初代MACのときもNEXTの時も、ジョブスは教育期間
や学生から儲けをとろうなんてしていないのですよ。

え? モバイル電話は広く一般だろうって?
それは、学生も持っているからだろうってことすねえ。
いやいや待ってちょうだいの介。

ジョブスの国、メリケンさんってのは、学生や子供は携帯など持たせない国なんすよ。たしかに、ゲイツもジョブスもそれに反抗した組でしょうけどね。
だから、モバイルを譲らなくっても、若年層に影響はないのでした。
むしろ、小学生でもモバイルしているわが国がおかしいのでした。
posted by aloha1 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルネタ